衛生管理士の担当導入制を導入しています

当院では、患者さんごとの担当衛生士制を導入しています。
同じ患者さんにはなるべく同じ衛生士がお口の健康管理のお手伝いをさせていただきます。
患者さんごと、生活習慣などその背景が違いますから、その方の合った予防プログラム、治療方針をたてたいと考えています。

↓わかまつ歯科医院の専門治療サイトはこちらをクリック↓

小児歯科専門サイト 矯正歯科専門サイト

一般歯科

当院はできるだけ痛くない、患者さんの歯を残すためにできるだけ歯を削らない治療を心がけています。
治療中の痛み対策が万全に整っていますので、安心して治療を受けていただけます。
麻酔針は痛みの少ない33ゲージの細い針を使い、刺したときの痛みを軽減し、また麻酔液は体温に近いほど違和感や痛みが少なく、あらかじめ人肌に温めておいたものを使用します。
最新の治療技術・治療装置をフルに活用し、痛みをほとんど感じさせない治療を行っております。

予防の大切さ

たとえば虫歯の場合、痛くなってから治療したのでは時間もかかってしまい、歯が痛い思いをしてしまうものです。
「予防歯科」は、痛くなってから治療するのではなく、普段から「お口の健康を維持する」という歯科スタイルです。一生ものの歯の健康を守るために、ぜひ定期的な健診へお越しください。  詳しくはコチラ

治療の流れ


当院患者さんとの充分なカウンセリング時間を確保するために予約制となっております。
また、お手数ですが、キャンセルの連絡はできるだけ早めにお願いいたします。お待ち頂いている他の患者さんのために時間をお譲りください。
■ 急患の方へ
ご予約いただいた患者さんが優先となりますので少しお待ち頂きますが、できるだけ当日に診療致しますのでご相談ください。
急を要する症状には、応急処置や、痛みをとる処置などを最初に行い、それからカウンセリングを開始します。
まず患者さんとお話をし、ご本人が認識している症状や問題についてよく伺い、どのような治療を望むか教えていただきます。次に、顎や歯のレントゲン、口腔内写真の撮影、歯周病の検査等を行います。
そうして得た情報を元に、患者さんと話し合いながら治療計画の立案を行っていきます。
※分かりにくい部位などについては、口腔内模型なども使いながら、ていねいにご説明するようにしています。
お口の中で大事なのは、歯を支える土台となる歯ぐきです。
まずは衛生士による歯ぐきの改善からスタートします。
普段のブラッシングのやり方をチェックし、徹底した歯石とプラークの除去を行います。
時には食生活や喫煙など、工夫と改善が必要になるケースもあります。
虫歯・被せ物・入れ歯などの治療に入ります。
ここでは、多くの場合歯を削ったり、詰めたりします。
当院ではできるだけ抜かず・削らず、患者さんの健康な歯をできるだけ残す治療を行っています。
定期検診はお口の健康を守るために大切なことです。ぜひ定期的にお越しください。
お口の状態によっても異なりますが、通常3か月から6か月毎に検診を受けていただくようおすすめしています。処置した歯が長持ちするかはお手入れ次第です。
定期的にご来院いただくことが健康でいられる秘訣です!

Weldenz

健康な歯を削らない最新の治療法「ウェルデンツ」を導入

わかまつ歯科医院では、”歯を削らない人工歯”として注目され
始めている「ブリッジ型デンチャー・ウェルデンツ」を導入
しています。ウェルデンツは従来のブリッジのように健康な歯を
削る必要がなく、金具を使用しないためアレルギー反応の心配も
ない、はめ込みタイプです。
素材はポリプロピレンという白色の合成樹脂で、吸水性が低いため汚れによる変色や変質の心配や、口臭の原因にもなる歯周病のリスクも低く、取り外しも自由で歯茎への負担も少なく、柔軟性や耐久性、装着感や審美感にも優れてるとの評価も高いほか、自費診療ですが価格設定もリーズナブルと好評です。

次世代の樹脂素材で弾力性・耐熱性・軽量性に優れたウェルデンツ

ウェルデンツの新素材をおすすめいたします

ウェルデンツは、柔らかいポリプロピレンの開発に成功いたしま
した。今まで、義歯で痛い方、もっとなんでも噛みたい方には、
プラスチックの義歯にシリコンゴムというものを貼り付ける方法
が一般的でした(保険の利かない治療になりますが・・・)
これも、よい治療方法なのですが、シリコンゴムが剥がれてしまう
シリコンゴムのところが不潔になってしまうなど、マイナスの面もありました。ウェルデンツの新素材は、ポリプロピレンに柔らかい
ポリプロピレンを貼り付けるので、剥がれにくくなりました。(同じ仲間同士を貼り付けるので・・・)また、従来のウェルデンツ同様、吸水性がとても低いため、衛生的に使えます。

▼ NHKの番組で紹介されました ▼

Weldenzのホームページはコチラ!

バネのない入れ歯

スマイルデンチャー

噛めない入れ歯・違和感のある入れ歯、痛い入れ歯など、入れ歯(義歯)の悩みは、ご年配の方から若い方まで様々です。保険の入れ歯や部分入れ歯はレジン製ですので、割れないように、どうしてもある程度の厚みが必要になります。そのことによって、固い・痛い・合わない・違和感があるなどの様々な悩みにつながります。金属を使わずナイロン樹脂で作られた、薄く・弾力性に優れた全く新しい入れ歯、それが金具の無い入れ歯スマイルデンチャーです。

ヒューマンブリッジ

快適で身体に優しいブリッジのご提案

隣り合った歯をほとんど削らないため、残った歯に対するダメージを最小限にできます。

歯をほとんど削らないため、痛くなく、無麻酔で処置できます。
インプラント治療のような外科的な手術も不要です。
(症例によっては麻酔が必要な場合もあります)

心臓病、高血圧、糖尿病、手術が怖い、他、
何らかの事情によりインプラント治療ができない方にもヒューマンブリッジは対応できる場合が多くあります。

接着剤で固定するため、取り外しの手間がかかりません。また、固定式のため、噛む機能が高く、外れにくい。

基本的に隣り合った歯の合う面は削らないので、装着時の違和感が少ない。

少数の歯の欠損に対して幅広く対応することが可能です。
お気軽にご相談ください。

お口の中の状況によっては適応できない場合もあります。

クラウンブリッジ

クラウン【奥歯のかぶせもの】

種類 白いクラウン 白いクラウン 白いクラウン 白いクラウン 白いクラウン 白いクラウン 金属のクラウン
保険外(ハイグレードタイプ) 保険外(スタンダードタイプ) 保険外(スタンダードタイプ) 保険外(エコノミータイプ) 保険外(エコノミータイプ) 保険 保険
e.max メタルボンド ジルコニアPure Pearl ハイブリッドセラミックス ジルライトクラウン 硬質レジンジャケット 銀歯
主材質 ファインセラミックス セラミックス/専用合金 ジルコニア 超微粒子セラミックス+樹脂/専用合金 ジルコニア プラスチック 保険適用金属
特徴

■金属を鋳造するのと同様にセラミックスの塊を鋳型の中に押し込み骨格を作製

■金属を使わない

■セラミックスだけ

■永年の使用にも変色せず天然歯のような美しさ

■専用合金の骨格をつくりセラミックスを焼き付ける

■強度に優れている

■保険のかぶせものと比べて変色せず擦り減らない

■最新のコンピューター機器を駆使して、精密にジルコニアブロックを削り出して、ジルコニア単体で作製

■人工ダイヤモンドにも使用される最高ランクの強度のある材質を使用

■臼歯部に使用するのが望ましい

■セラミックスの硬さと樹脂(プラスチック)の粘りを併せ持つ

■保険のかぶせものと比べてより永く白い歯を保つ

■金属を使用しない方法も有

■最新のコンピューター機器を駆使して、ジルコニアブロックを削り出して、ジルコニア単体で作製

■人工ダイヤモンドにも使用される最高ランクの強度のある材質を使用

■臼歯部限定です

■指定色限定のため細かな色合いは再現できません

■保険制度では骨格に金属を使用できず、プラスチックのみで製作するため割れたり欠けたりすることがあり、汚れもつきやすい

■永年使用していると変色したり擦り減りやすい

■奥歯は小臼歯のみの使用に限られる

■保険適用金属でつくる歯

■いわゆる「銀歯」

■噛む機能は問題なし

■歯茎の色が黒ずんで見える

■口の中が暗く感じる

治療できる歯(前歯) ×
治療できる歯(奥歯) ○ ※小臼歯に限る
見た目の自然さ
変色しにくさ
擦り減りにくさ
体にやさしい

クラウン【前歯のかぶせもの】・インレー【つめもの】

種類 白いクラウン 白いクラウン 白いクラウン 白いクラウン 白いインレー 白いインレー 金属のインレー
保険外(ハイグレードタイプ) 保険外(スタンダードタイプ) 保険外(エコノミータイプ) 保険 保険外(ハイグレードタイプ) 保険外(スタンダードタイプ) 保険
e.max メタルボンド ハイブリッドセラミックス 硬質レジン e.max ハイブリッドセラミックス 銀歯
主材質 ファインセラミックス セラミックス/専用合金 超微粒子セラミックス+樹脂/専用合金 プラスチック/保険適用金属 ファインセラミックス 超微粒子セラミックス+樹脂 保険適用金属
特徴

■金属を鋳造するのと同様にセラミックスの塊を鋳型の中に押し込み骨格を作製

■金属を使わない

■セラミックスだけ

■永年の使用にも変色せず天然歯のような美しさ

■専用合金の骨格をつくりセラミックスを焼き付ける

■強度に優れている

■保険のかぶせものと比べて変色せず擦り減らない

■セラミックスの硬さと樹脂(プラスチック)の粘り強さと併せ持つ

■保険のかぶせものと比べてより永い白い歯を保つ

■金属を使用しない方法も有

■保険適用の骨格を土台に保険適用の樹脂(プラスチック)を使用

■永年使用していると変色したり擦り減りやすい

■奥歯の治療に制限が有

■セラミックス加熱・加圧成型

■金属を使わない

■自然な色合いを再現

■永年の使用にも変色せず天然歯のような白い歯

■セラミックスの硬さと樹脂(プラスチック)の粘り強さと併せ持つ

■保険のかぶせものと比べてより永い白い歯を保つ

■保険適用金属でつくる歯

■いわゆる「銀歯」

■噛む機能は問題なし

■歯茎の色が黒ずんで見える

■口の中が暗く感じる

治療できる歯(前歯)
治療できる歯(奥歯) △ ※金属は使用不可
見た目の自然さ
変色しにくさ
擦り減りにくさ
体にやさしい

入れ歯

【総入れ歯・部分入れ歯】

総入れ歯 部分入れ歯
種類 保険外 保険外 保険 保険外 保険外 保険
ハイグレードタイプ エコノミータイプ ハイグレードタイプ エコノミータイプ
主材質 チタン コバルトクローム合金 プラスチック チタン コバルトクローム合金 プラスチック
+プラスチック +プラスチック +プラスチック +プラスチック
特徴

■チタンは金属アレルギーを引き起こしにくく、インプラントや人工関節に利用されるほど安全性の高い金属

■強度、軽さ、耐食性、耐熱性に優れている

■お口の中では金属味がほどんどしない

■永く入れ歯用材料として使用、信頼性も実績も高い材料

■エコノミータイプは、金属床の基本的な良さを生かしたお求めやすい入れ歯

■保険では、使用できる材料やデザインに制限がある

■すべてプラスチックのため・・・
・分厚くなる
・快適さが損なわれる
・お口の中で熱が伝わりにくい

■「噛む」という基本的な機能については変わらない

■チタンは金属アレルギーを引き起こしにくく、インプラントや人工関節に利用されるほど安全性の高い金属

■強度、軽さ、耐食性、耐熱性に優れている

■お口の中では金属味がほどんどしない

■永く入れ歯用材料として使用、信頼性も実績も高い材料

■エコノミータイプは、金属床の基本的な良さを生かしたお求めやすい入れ歯

■保険では、使用できる材料やデザインに制限がある

■すべてプラスチックのため・・・
・分厚くなる
・快適さが損なわれる
・お口の中で熱が伝わりにくい

■「噛む」という基本的な機能については変わらない

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
からだへの優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価

【特殊な入れ歯】

種類 保険外 保険適用 保険外 保険外 保険外
金属のバネがない入れ歯 保険の入れ歯 インプラントクラウン ヒューマンブリッジ ソフトデンチャー
主材質 各種金属 各種金属 チタン(インプラント) 白金加金 生体用シリコーン
+歯科用特殊プラスチック +プラスチック +各種かぶせもの +かぶせもの +プラスチック
特徴

■バネ(止め具)の部分に金属を使用しないため見た目に優れている

■柔軟性のある特殊な歯科用プラスチックを使用した最新義歯

■外から見えない部分に、金属を使用することで、適切な強度を確保することができる

■強度を保つために、厚みのある入れ歯になる

■プラスチック部分は熱を通しにくいため、食べ物の温度を感じにくい

■基本的な機能は備えている経済的な入れ歯

■バネもなく、見た目、使用感が限りなく天然の歯に近い

■入れ歯のような異物感無し

■周りの葉を傷つけず顎の骨がやせるのを防ぐことができる

■隣り合った歯をほとんど削らない

■取り外す必要がありません

■異物感が少ない

■インプラント治療ができない方へ

■粘着面側に柔らかい生体用シリコーンを使用

■噛むときの負担をやわらげ、痛みを軽減

■入れ歯の吸着力向上

金属床併用 プラスチックのみ
丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
からだへの優しさ
食べ物の味わい
軽さ 設計により異なる
トータル評価

ご予約・ご来院の際にはお間違いのないようにご確認をお願い致します

HOME>診療案内