ごあいさつ

歯を守りたい。
みなさんは、歯科医院をどのようにとらえていらっしゃいますか?
歯をけずり、詰めるところ?歯を抜くところ?
わかまつ歯科医院は、歯科医院をおくちの健康を守るところ、すなわち「歯を守るところ」と考えています。
歯医者に行くたびに銀歯が増えていく・・・歯医者に行くたびに歯が減っていく・・・
これでは、歯を守るところとはいえないですよね?
このような事態になるのは、歯科医師のみなさんへのアナウンスが下手なことが第一の理由です。そうして一方ではまた、みなさんの歯科へのかかり方にも問題があるのではとも思っています。
「先生、また痛くなったら、すぐ先生のところに来るから・・・」優しい患者さんが最後にそう言い残してお帰りになることがあります。
ちょっと待ってください!「また痛くなったらって」・・・?
痛いということは何かしらのトラブル発生が予想されます。その状態で来院されると、歯を削らなければならない可能性が高くなってしまいます。
わかまつ歯科医院は、そのような治療をできるだけ行いたくありません。
できれば、今の痛くないおくちの中を維持するように歯科医院のご利用をお願いしたいのです。
もちろん、削らなければならない歯を削らない、抜く必要がある歯を無理やり残すと言っているのではありません。
なんとなく伝わりますでしょうか?ご理解くださるとうれしいです。
共感してくださるみなさま、ぜひ「わかまつ歯科医院」へお越しください。
スタッフ一同、お待ちしております。

院長:若松 孝

HOME>ごあいさつ