予防歯科

健康を守り維持するための受診

私たちは、あなたのお口の健康を守り維持するために通っていただく診療所づくりを心がけています。
悪くなってからの治療ではなく、悪くしないためのお手入れをお勧めしています。
痛みのない気持ちのいいケアを担当の歯科衛生士が提供します。

受診の際に

・この手帳は、受診のたびに毎回ご持参ください。

・予約時間は、厳守してください。
 私たちは快適に受診していただくために予約制を採用します。
 ご予約時間の少し前にお越しください。
 なお、当日のキャンセルは極力お控えください。
 やむをえない事情でキャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。

・リスク検査をお受けください。
 むし歯や歯周病のかかりやすさ、抵抗力などを調べ、あなただけの予防プログラム
 を作るために必要です。

クリックで拡大

診療室の目標

  • 5歳児でむし歯ゼロの人90%以上を実現する。
  • 12歳児でむし歯ゼロの人90%以上を実現する。
  • 20歳成人でむし歯ゼロの人90%以上、歯周病のない状態を実現する。
  • 新たなむし歯・歯周病の発症をコントロールし、70歳時の平均欠損歯数を5歯以下にする。

予防はむずかしくありません

年を取って歯がなくなるのは、自然な老化ではなく病気が原因です。お口の主な病気は、むし歯と歯周病です。
では、むし歯と歯周病は予防できないでしょうか?

実は、あなた自身の「かかりやすさ」を知って、それを改善することにより、そのほとんどが簡単に予防できるのです。
当医院では、悪くなってからの治療よりも悪くならないための予防に力を入れています。新しいむし歯ができないように、また歯周病を進行させないように、皆さんといっしょに努力をします。

あなた自身を知る

あなた自身の「かかりやすさ」を知ってそれを改善すれば予防は難しくありません。

定期検診(メンテナンス)

歯を失わないための特効薬

定期的な予防処置を受けることにより、歯を守ることができます。
日本人の中高年は10年間で平均5本の歯を失っていますが、私たちの診療室で定期的な予防処置を受けている方々は、10年間で平均0.5本の歯を失うだけです。

なぜ歯科では定期健診とクリーニングが大切なのか?

歯科で定期健診とクリーニングを勧めるのは、歯の病気が慢性のバイオフィルム感染症だからなのです。バイオフィルムとは、多様な細菌が高密度に集まって、お互いに影響しあって生活している細菌の巨大な集団です。バイオフィルムを破壊し、除去するには機械的に掻き取り、こすり取る他に良い方法がありません。ビルの排水管を定期的に清掃するように、お口のバイオフィルムも定期的なメンテナンスが必要なのです。

定期健診(クリーニング)ですること

  • 1.ホームケアのチェック
  • ご家庭での歯磨きで磨き遺しがないかどうか調べます。
    毎回、普段お使いの歯間ブラシお持ちください。ブラークの染め出しをすることもあります。
  • 2.健康状態や生活環境をチェック
  • 私たちの歯科医院では、患者さんの健康状態や生活環境が変わった場合に適切なアドバイスをいたします。
    口の粘膜や歯ぐきにはからだ全体の病気の徴候があらわれることがあります。
  • 3.むし歯や歯周病のチェック
  • 新たなむし歯ができていないか、詰め物が壊れていないか、歯周病の再発がないかを詳しく調べます。
    もし、問題が見つかった場合は適切な処置を早めにします。
  • 4.徹底的なクリーニング
  • ご自分では除去できない歯の小さな窪みや溝、歯と歯の間、歯と歯肉の間、歯周ポケットの中などのバイオフィルムを、器具を使ってクリーニングします。
  • 5.メンテナンス間隔の決定
  • ホームケアの状態、健康状態、歯周組織の状態などを統合的に判断して、むし歯と歯周病を予防するための最も最適なメンテナンスの間隔を決めます。

HOME>予防歯科